配偶者の法定相続分に対する相続税はかからない

配偶者の税額軽減
 

配偶者の法定相続分に対する相続税はかかりません。(配偶者が取得する相続財産が1億6千万円以下の場合は、配偶者の取得する相続財産に対する相続税はかかりません。)

例1、相続人  配偶者  子2人  全ての相続財産 2億円  配偶者が取得した相続財産 1億2千万円  相続税2700万円

 軽減額  2700万円× 1億2000万円/2億円=1620万円   2700万円のうち1620万円は相続税がかかりません。

例2、相続人 配偶者 子2人   全ての相続財産 3億円  配偶者が取得した相続財産 2億円   相続税5720万円

軽減額   5720万円×※1億6000万円/3億円=3050万円    5720万円のうち3050万円は相続税がかかりません。
※ 3億円×1/2(配偶者の法定相続分)=1億5000万円<2億円  1億5000万円≦1億6000万円  ∴1億6000万円
 

例3、相続人 配偶者 子2人  全ての相続財産 4億円   配偶者が取得した相続財産  3億円   相続税9220万円

軽減額   9220万円×※2億円/4億円=4610万円  9220万円のうち4610万円は相続税がかかりません。
※ 4億円×1/2=2億円<3億円   2億円>1億6000万円  ∴2億円

配偶者が全額相続財産を取得した場合、配偶者の税額軽減により相続税が全くかからない可能性はありますが、その配偶者が亡くなったときは配偶者の税額軽減がなくなるため(再婚していない場合)、次の相続のことも考えて遺産を分割しましょう。 


 

 

 

headerfree.gif