アルゼンチン決勝進出

アルゼンチン対オランダ 0対0の末 PKでアルゼンチンが決勝に進出しましたね。試合内容はというと、攻撃型チーム同士の対戦なのでシュートの打ち合いかというと、決定機がほとんどなくシュートも少ないゲームでした。GKのスーパーセーブもほとんどないゲームでした。前日のドイツ対ブラジルの試合を観た影響があったかもしれません。オランダは5バックで守備的な布陣を引いていたため、アルゼンチンも守備的になっていた部分もありました。ロッペンの切り込みも今日は炸裂せず、ほとんどノーファールで止められていました。やっぱり、今までオランダが戦ってきたチームとアルゼンチンでは少し格が違ったのでしょう。アルゼンチンもメッシと双璧をなすディマリアの欠場が相当響いていました。攻撃がなかなか機能していませんでした。延長後半にメッシが切り込んでチャンスをつくったシーンがありましたが決定機までには至りませんでした。ただ、アルゼンチンは守備の不安が囁かれていましたが、決勝トーナメントに入ってからは無失点。守備が安定してきました。
決勝はドイツ対アルゼンチン。ワールドカップでは只今ドイツの3連勝中です。前回大会も4対0の大差でドイツが勝ちました。ドイツのほうが今まで安定的な戦い方をしてきていて選手層は厚いです。1日間隔が開いているドイツ優勢といったところでしょうか。メッシはマラドーナに並ぶにはワールドカップでの優勝は必須なのでがんばってほしいです。アルゼンチンを優勝候補に挙げていたので・・・・。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hagiwara-tax.net/mt/mt-tb.cgi/80

コメントする