ドイツ、ブラジルに大勝

ドイツ対ブラジル ワールドカップでは日韓大会の決勝以来の2度目の対戦となりましたが、ドイツの圧勝びっくりしましたね。
前半はの最初はブラジルが猛攻をしかけるかたちでしたがなかなかシュートまで持っていけず、ドイツがミュラーのゴールで先制。23分にクローゼがワールドカップ新記録のゴールで2点目を上げるとそこから3分間で2得点で4対0。あっという間でした。それから3分後に1点入り5対0。その間ブラジルはパニックに陥ってました。こんな簡単にゴールが決まるのかと思うくらいの6分間でした。終了直前になんとかオスカルが1点を決めて一矢を報いたかたちにはなりましたが、結果は7対1。決勝トーナメントでこんなに点が入った試合を観たことはありません。前半の途中から観客は完全に黙いました。逆にドイツの選手のプレーに拍手する場面も観られました。やっぱり、チアゴシウバの出場停止が相当痛かったのでしょうか。ドイツが勝つ予想はしていましたが、前半から勝負が決まってしまい、ちょっと残念な試合となりました。
このゲームは今後「ベテオリゾンテの惨劇」として語り継がれていくのでしょうか。
さあ、明日はアルゼンチン対オランダ。どちらが勝ってもドイツに勝つのは難しい気がします。今までの戦いぶりから観ても、オランダが勝ち決勝がヨーロッパ対決になりそうな感じではありますが・・・・。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hagiwara-tax.net/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする