2014年7月アーカイブ

昨日、全国高校野球静岡県大会の決勝を草薙球場に観に行ってきました。カードは静岡高校対掛川西高。
公立校同士の伝統校対決です。
先制点は静岡高校。掛川西高が逆転し、静岡高校が逆転し3対2で静岡高校が勝ち優勝しました。とてもいい試合でした。4回以降は静岡高校のエース辻本君が立ち直り、掛川西高をピシャリと押えました。掛川西高として悔いが残るのは投手の自責点がゼロだったという点でしょうか。エラーが全て点につながっただけに・・・・・・。まあ、これも高校野球です。
初めて決勝を観ましたが、いい試合を観れて個人的にはとても満足してます。
静岡高校の甲子園大会での健闘を期待しています。
 

今日、高校野球静岡県大会のベスト4が決まりました。ベスト4に残ったのは、第1シード 日大三島 第2シード 静岡 第3シード 常葉橘  第4シード 掛川西 なんと第1シードから第4シードまで全てベスト4に残っているのです。これはひょっとして史上初のことではないでしょうか。私の記憶にはありません。ここまで、波乱なくきたのは珍しいことです。
明後日から準決勝。高校球児の皆さんがんばってください。敗れた球児の皆さんお疲れさまでした。

今日は、全国高校野球選手権大会の静岡県大会の浜松球場に行ってきました。
1試合目は、磐田農高対浜北西高の対戦。昨日の試合は、10対1までいってたんですが5回で降雨ノーゲーム。仕切り直しの1戦となりました。予想通り2回を終わって浜北西高が6対0でリード。このまま浜北西に得点が入って5回コールドかと思っていましたが磐田農高が踏ん張り3回~5回を無失点。結果10対0で7回コールドで終わりましたが磐田農高も頑張ったと思います。
2試合目は静岡学園対浜松開誠館。試合は予想通りの好ゲームとなりました。投手戦で進み6回を終わり2対0で浜松開誠館がリード。静岡学園が7回に1点を返して2対1。そして8回裏に起こった疑惑の2塁打。私からはネットで見えませんでしたが、静岡学園の選手が打ったその疑惑の2塁打が実はホームランだったかもしれないらしいのです。スタンドを超えたボールが跳ね返ってきたかもしれないらしいのです。結局、結果は2塁打。ホームランだったらここで同点に追いついていただけに・・・・。結果はそれ以降静岡学園はランナーをだすことができずに2対1で浜松開誠館の勝利で試合終了。私には真実はわかりませんが・・・・。
試合は接戦でいい試合でした。
今日はそんなに暑くなかったので2試合なんとか観てられました。
明日は、掛川球場に観に行く予定です。試合は熱くなつても、あんまり暑くならないことを望みます。DSC_0101.JPG

 

ドイツが延長で1対0でアルゼンチンを下しワールドカップ優勝をはたしました。アルゼンチンも延長に入る前は決定機もあり、ボールのポゼッションこそドイツが上でしたが互角の戦いをしていました。メッシも今日は動きがよかったと思います。1本、決定機を外しましたが・・・・。延長に入るとドイツ優勢になり、ゴールポストを叩いたり、アルゼンチンのGKのスーパーセーブが目立つようになりました。延長後半、シュルレのクロスからゲッチェのボレーで決勝点。アルゼンチンにとっては唯一といっていいほどゴール前でフリーにしてしまった場面。痛恨でした。ゲッチェの飛び出しもうまかったです。とてもいいゲームでした。
このゲームがいいゲームになったのは、アルゼンチンのマスケラーノが何度も相手を止めていたからです。地味ですがMVPになってもおかしくない働きだったと思います。
初めて南米の大会でヨーロツパのチームが優勝しました。ヨーロッパのチームが強くなったというよりドイツだけが強くなった気がします。ドイツ大会から優勝候補といわれてようやく優勝しました。まだ、若いチームです。次の大会はロシア。ヨーロッパ勢が強いヨーロッパでの大会です。2連覇も可能ではないでしょうか。ブラジルも若いチームです。今大会は苦い思いをしましたが、次の大会に期待しましょう。アルゼンチンは次の大会ではメッシが31歳、ディマリアが30歳。若手の台頭が必須になってきます。
次は2年後のヨーロッパ選手権を楽しみたいと思います。
 

 

アルゼンチン対オランダ 0対0の末 PKでアルゼンチンが決勝に進出しましたね。試合内容はというと、攻撃型チーム同士の対戦なのでシュートの打ち合いかというと、決定機がほとんどなくシュートも少ないゲームでした。GKのスーパーセーブもほとんどないゲームでした。前日のドイツ対ブラジルの試合を観た影響があったかもしれません。オランダは5バックで守備的な布陣を引いていたため、アルゼンチンも守備的になっていた部分もありました。ロッペンの切り込みも今日は炸裂せず、ほとんどノーファールで止められていました。やっぱり、今までオランダが戦ってきたチームとアルゼンチンでは少し格が違ったのでしょう。アルゼンチンもメッシと双璧をなすディマリアの欠場が相当響いていました。攻撃がなかなか機能していませんでした。延長後半にメッシが切り込んでチャンスをつくったシーンがありましたが決定機までには至りませんでした。ただ、アルゼンチンは守備の不安が囁かれていましたが、決勝トーナメントに入ってからは無失点。守備が安定してきました。
決勝はドイツ対アルゼンチン。ワールドカップでは只今ドイツの3連勝中です。前回大会も4対0の大差でドイツが勝ちました。ドイツのほうが今まで安定的な戦い方をしてきていて選手層は厚いです。1日間隔が開いているドイツ優勢といったところでしょうか。メッシはマラドーナに並ぶにはワールドカップでの優勝は必須なのでがんばってほしいです。アルゼンチンを優勝候補に挙げていたので・・・・。
 

ドイツ対ブラジル ワールドカップでは日韓大会の決勝以来の2度目の対戦となりましたが、ドイツの圧勝びっくりしましたね。
前半はの最初はブラジルが猛攻をしかけるかたちでしたがなかなかシュートまで持っていけず、ドイツがミュラーのゴールで先制。23分にクローゼがワールドカップ新記録のゴールで2点目を上げるとそこから3分間で2得点で4対0。あっという間でした。それから3分後に1点入り5対0。その間ブラジルはパニックに陥ってました。こんな簡単にゴールが決まるのかと思うくらいの6分間でした。終了直前になんとかオスカルが1点を決めて一矢を報いたかたちにはなりましたが、結果は7対1。決勝トーナメントでこんなに点が入った試合を観たことはありません。前半の途中から観客は完全に黙いました。逆にドイツの選手のプレーに拍手する場面も観られました。やっぱり、チアゴシウバの出場停止が相当痛かったのでしょうか。ドイツが勝つ予想はしていましたが、前半から勝負が決まってしまい、ちょっと残念な試合となりました。
このゲームは今後「ベテオリゾンテの惨劇」として語り継がれていくのでしょうか。
さあ、明日はアルゼンチン対オランダ。どちらが勝ってもドイツに勝つのは難しい気がします。今までの戦いぶりから観ても、オランダが勝ち決勝がヨーロッパ対決になりそうな感じではありますが・・・・。

 

高杉晋作と坂本龍馬の書に4500万円の鑑定額がつきました。所有者のかたおめでとうございます。この放送、税務署も観ているでしょうか。この所有者のかたが亡くなれば、この書は相続財産となります。評価額は4500万円で申告しないといけないと思いますが・・・・。

アルゼンチン対ベルギー アルゼンチンが1対0で勝利しました。ようやくイグアインが決めましたね。メッシがボールをキープしてディマリアにパスして、ディマリアからのパスが相手選手に当たって流れたボールをイグアインボレーシュート。メッシのボールキープがききました。ベルギーも後半は結構押し込んでいて後半はアルゼンチンが攻め手を欠いていた感じでした。それでも、勝ち抜いたアルゼンチンはやっぱり強いですね。ただ、ディマリアの負傷交代が気になります。ディマリアが交代してから攻め手を欠いていたため次戦出場できるか心配です。アルゼンチンはメッシのチームというよりディマリアのチームでもあるため回復して次戦出場してほしです。
オランダがコスタリカにPK戦の末勝利しました。オランダはPK戦のためにGKを用意していたため勝つべくして勝ったといえます。さすがファンハールです。試合内容はオランダが圧倒していました。何度もゴールを脅かしましたが、そのたびにGKのナバスとDFがたちはだかりました。スナイデルのシュートもポストとバーを1回づつ叩きました。オランダが大量点で勝ってもおかしくない試合でした。コスタリカも何度かカウンターで攻め込むシーンがありましたが、決定機は2,3回ぐらいだったのではないでしょうか。延長後半の終了間際にオランダのGKのスーパーセーブがありました。ロッペンのドリブルでコスタリカの選手が何人かイエローカードをもらいました。やっぱりロッペンのドリブルは相手チームにとっては脅威です。
オランダ対アルゼンチン フランス大会の因縁があります。今日試合を観た感じではオランダのほうが強そうな気がします。メッシがどう対抗するでしょうか。楽しみです。準決勝の組み合わせは6月24日のブログの予想どおりとなりました。まあ、順当といえば順当ですが。

ブラジル対コロンビア 南米対決はブラジルが2対1で勝ちました。PKでコロンビアが1点を返して1点差でしたが、試合内容はブラジルが圧倒してましたね。コロンビアにはチャンスらしいチャンスはかなり少なかった気がします。ダビドルイスのドライブシュートすごかったですね。ブラジルの優勝がみえてきたところでネイマールの欠場痛いですね。あとチアゴシルバの準決勝出場停止も痛いですね。しかも、相手はドイツ。安定的な戦いをしてきて、一番手ごわい相手ではないかと思います。
コロンビアのHロドリゲス。敗れはしましたか、今大会で一番インパクトを残したのではないでしょうか。ネイマールも勝ちましたがコロンビア戦が今大会での最後の試合。2人ともまだ22歳。次の大会に期待しましょう。ただ、次の大会はロシア開催。南米勢にとっては鬼門のヨーロッパでの大会。Hロドリゲスやネイマールは活躍できるでしょうか。
さあ、明日のアルゼンチン対ベルギーは眠い目をこすって観たいと思います。オランダ対コスタリカは録画をして起きてから観ます。もちろん結果を知らない状態で・・・・。

DSC_0093.JPG

1回、ブログに載せて削除しましたが、妻にばれたのでまた載せることにしました。昔、日テレで放映した奇兵隊、白虎隊、五稜郭、田原坂のDVDを購入しました。
奇兵隊だけ観ました。主題歌のさだまさしさんの「冬の蝉」よかったですね。とてもドラマとマッチングしてました。思わず口ずさんじゃいます。今のマイ歌ブームはこの歌「冬の蝉」です。
来年の大河ドラマは奇兵隊と同じ幕末の長州藩が舞台となります。今から楽しみです。
次は時代の順番で白虎隊を観ます。

 

 

アルゼンチン何とか勝ちましたね。昨日は、眠くて延長までは観れませんでした。スイスの堅守にあってゴールできませんでした。PKになったらGKがベナーリオのスイスが有利で、アルゼンチンにとっては厳しいと思い寝ました。いちおう、アルゼンチンを優勝候補に推している自分としてはまだ負けてほしくなかったので・・・・。アルゼンチンは次はベルギーです。ベルギーにはメキシコワールドカップでベスト4入りに貢献したシーフォの再来といわれているアザールがいます。また苦しむでしょう。
それにしても、1回戦は8試合中5試合が延長。グループリーグで引き分けがいつもより少なかったため、びっくりです。守りがいいチームが多いのか、それとも気候や移動でつかれているのか。
今日から2日間休みなので、ゆっくり寝たいと思います。

DSC_0090.JPGDSC_0091.JPG

 

 

事務所の北側におやつ屋ができたのでDSC_0092.JPG行ってきました。お店の名前はおやつ屋micoppeでかわいらしいお店でした。
店主さんも女性でとても人当りのいい話やすいかたでした。
写真の七夕ゼリーおしゃれですね。
プリン買ってきました。おやつにいただきたいと思います。