スペイン敗退決定

スペインがチリに敗れてオランダがオーストラリアに勝ったためスペインの1次リーグ敗退が決定しました。2002年の日韓ワールドカップ以降、前回の覇者が敗退するのは4回のワールドカップのうちフランス、イタリア、に次いで3度目です。4回中3回はかなり高い数字です。スペイン対チリ戦はスペインがボールを持っていた時間帯もあったのですが、結局チリにゲームを支配されていた気がします。やっぱり南米で開催されているアドバンテージがあったのでしょうか。スペインは南アフリカ大会のような華麗なパス回しが見られませんでした。残念です。
ブラジル対メキシコはドローになりました。ブラジルが結構決定機を逃していましたが、メキシコも押し込んでいた時間帯もありました。互角に近い戦いだったのではないでしょうか。クロワチアがカメルーンに4対0で大勝しましたが、メキシコがブラジルをと引き分けたため、メキシコに勝たないと次に進めなくなりました。ブラジルがカメルーンに負けることは考えにくいので・・・・。メキシコが有利に試合を進めそうです。
ポルトガルは頭突きにより残念な試合になりました。ドイツは多分3連勝するため、残りのアメリカ、ガーナ、ポルトガルどこが抜けですかわかりませんが、1勝しているクリンスマン率いるアメリカが有利といったところでしょうか。
今日まで2グループが2戦終えた時点で、既にスペイン、オーストラリア、カメルーンの1次リーグ敗退が決まりました。早いですね。日本も明日試合がありますが、コートジボールとコロンビアが引き分け、日本が負けると明日での1次リーグ敗退が決まります。なんとか勝ってほしいです。今の日本の力を考えると、南アフリカ大会の時のように前を1人減らしてアンカーのところに1人必要ではだいでしょうか。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hagiwara-tax.net/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする