箱根駅伝

年が明け、お正月恒例の箱根駅伝です。今日はスタート観れず2区の中継から観ました。

1区を日体大が1位通過!5区には昨年の区間賞をとった服部選手がいるためそのまま往路は日体大がいくかと思いましたがそうはいきませんでした。2区で山梨学院大のオムマンバ選手が何人抜きをするか注目が集まりましたが故障でまさかの途中棄権!びっくりしました。何が起こるかわかりませんね。拓殖大のダンカンモゼ選手はいったんは後退しましたが10人抜きをして順位をかなり上げました。2区を走った国学院大の寺田夏生選手は4年生で最後の箱根駅伝になりますが、1年生の時にアンカーで走ってゴール直前でコースを間違えたんですが、最後抜かしてシード権を確保したシーンは今でも記憶にあります

東洋大の設楽兄弟は速かったですね。弟の設楽悠太選手の区間賞は予想でできましたが、兄の設楽啓太選手まで区間賞をとるとは思いませんでした。日体大の服部選手は今回も好記録でしたが、まさか服部選手に勝つとは・・・・・。それでも、設楽啓太選手がその好記録でゴールした中で駒澤大が59秒差でゴールしたのは大健闘だと思います。駒澤大は昨年、復路優勝しています。あまり目立ってませんが・・・・・。逆転の総合優勝も十分ありえます。往路で走った4年生の選手お疲れ様でした。

明日は復路になりますが1校がオープン参加で12校が繰り上げスタートになります。個人的には順位が非常にわかりづらいので、繰り上げスタートの時間をもう少し遅くしてほしいと思います。せめて、15分ぐらいに・・・・・。

藤枝東、初戦敗退残念でしたね。勝った京都橘はブラスバンドがすごかったですね。さすがにテレビでとりあげられたことはありますね。甲子園でぜひ京都橘のブラスバンドを観たいですね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hagiwara-tax.net/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする